お世話になった医師の話

形成外科と医師に出会って

お世話になった医師の話
例えば部活でスポーツ系等をやっていたり、体育で少し無理しちゃった結果足をひねったり、骨折した経験があるんじゃないでしょうか?実際自分も過去にあるので、その事について書いていこうかと思います。小学校6年位の夏ころから腰が痛くなっていました。その時期は成長している時期でもあるので、基本的には成長痛として考えられており、接骨院などに通ってみても同様の事を言われていました。けれども、どうしても痛かったので、形成外科に通ってみると、医師の方からなんだか長い病気で、腰の痛める原因だったと言われました。その理由としては、背骨のある場所の2つが、擦れあった事で、腰痛を引き起こす原因となったと言われました。手術が必要なのかと思っていましたが、コルセットを1カ月程していれば、腰が安定するので、大丈夫と言われたので、それから1カ月弱コルセットをして生活をしていました。それから数年はなんとかなりましたが、中学校3年ほど再び腰が痛くなって再発してしまいました。その後もだましだましサッカーを行っていましたが、結局辛くなったので、それ以降はしなくなりました。
自分の他にも学生時代に形成外科などに通った人は多いんじゃないかなと思います。其処で医師の方から色々内容を聞いたうえで、治し方を聞くんでしょうが、学生の状態ですし、中々言う事聞いて安静出来ない事も実際あったりするのも現状かと思います。今になっては良い思い出の一つかもしれません。

■注目の情報