お世話になった医師の話

形成外科と整形外科の医師の違い

お世話になった医師の話
昔は整形外科しかなかったのですが、最近は形成外科という看板を掲げているお医者さんが増えてきましたね。整形外科と形成外科の違いってなんだろうとずっと思っていたのですが、一年前に息子が怪我をしたときにその違いを知りました。去年、3歳の息子が家の中を走り周っていてなにかに躓いて転んだところに運悪く、テレビ台がありました。その台に思いっきり額をぶつけてしまいぱっくりと割れてしまいました。あまりの出血量の多さにびっくりしてすぐに救急車で救急病院に行きました。そこでは整形外科の医師がいらっしゃって傷を医療用のホッチキスで止めてくれました。しばらくして抜糸もしてもらって傷は治ったのですが、額のど真ん中に傷跡が残りました。そこで整形外科のお医者さんに言われたのが、「傷が気になるようなら形成外科に行ってください」という言葉でした。
ここでようやく整形外科は怪我を治すところで、形成外科は見た目をきれいにしてくれるお医者さんだと言うことが分かりました。一年経ち傷跡は薄くなったとはいえまだはっきりと見えるので評判のいい形成外科の先生を探しています。一度、形成外科に行ってみてもらったのですが、やはり本人のきれいな別の部分の皮膚を持ってきて手術しなければいけないようなのでまだ手術をしていません。早く治してあげたいけど、なかなか評判のいい形成外科の先生が近くに見つかりません。やはり少し自宅から遠くても腕のいい形成外科医の方に手術をお願いするほうが、キレイにしてくれるのかなと思います。

■注目の情報